ブックメーカー情報館

ブックメーカー を他の投資と比較

ブックメーカー情報館 > ブックメーカーについて > ブックメーカーは、他の投資より高パフォーマンス

【ブックメーカー各社】
ウィリアムヒル スポーツベット

なぜ他の投資よりブックメーカーが良いのか

ギャンブルという側面がブックメーカーには強いですが、他の投資もブックメーカーほどに無いにしろ、ギャンブル的な側面があります。

 

では、ブックメーカーは投資であると考えた場合、他の投資と比べてどうなのでしょうか?

 

世の中には、様々な投資がありますが、一般的に有名なのは、株式投資、FX(外国為替証拠金取引)、不動産投資などです。

 

これらと比べて、ブックメーカー投資には以下のメリットがあります。

  1. 専門知識が不要
  2. 初期投資費用が少額
  3. 損失が小さくできる
  4. 資金の回転率を高くできる
  5. 結果が出るまでの時間が早い
  6. 月利が高い(月利60%~1000%超)
  7. 時間を取られない
  8. 即、現金化が可能
  9. 場所を選ばず一日何回でもできる

これらのメリットについて説明しましょう。

 

専門知識が不要

ブックメーカー投資では、特別な知識がほとんど必要ありません。

 

それは、賭けの対象となっているのが、サッカーやテニスなどの身近なスポーツだからです。

 

理解しなければならないのは、賭けの対象のスポーツのルールです。

 

ルール以外に、サッカーやテニスたど、賭けの対象のスポーツ知識もあるに越したことはないですが、高確率で勝てるやり方も存在します。

 

これに対して、他の投資ではどうしてもいろいろと勉強しなければいけません。


例えば、FXで利益を上げていくには、チャートの読み方や平均移動線、ロウソク足の読み方など専門知識(テクニカル分析)が必要になってきます。

 

また、経済指標が為替に与える影響も知っておく必要があります。(ファンダメンタル分析)

 

他の投資案件に比べても、取り組みやすいのがメリットなのです。

 

初期投資費用が少額(たった20円)

プックメーカーで賭けることを「ベット」といいますが、1ベットに必要な賭け金の最低金額は0.2ドルです。

 

為替相場を1ドル100円と考えると、日本円で20円です。^^


FXになると、通貨にもよりますが1口数万円は必要です。

 

投資信託だと十数万円、株式だと数十万円くらいかかります。

 

不動産から資産として運営していこうと思うと、数千万から数億が必要です。

 

損失が小さくできる


最低金額は0.2ドルでベットした場合、予想が外れて賭に負けても、失う金額は最大で0.2ドルです。

 

もちろん、ブックメーカー投資であっても、高額のベットをすれば、それだけ損失金額も大きくなる可能性がありますので注意しましょう。

 

資金の回転率を高くできる

ブックメーカー投資なら複利の力で、資金の増え方に爆発的な加速度を付けれます。

なぜなら、ベッドで得られた利益を再投資することで、それを得られるからです。

 

再投資の回数は、例えば、株式を月に1回売買する間に、ブックメーカー投資なら100
回ベットすることも可能なので資金の回転を高くして、再投資できるのです。

 

結果が出るまでの時間が早い


FXや株式は、結果が確定するまでにかなり時間がかかります。

 

それに比べ、ブックメーカー投資では、例えば、サッカーの試合に賭ける場合、試合途中で賭けますので、短時間で結果が分かります。

 

FXのもっとも短い時間で売買を完結させる「デイトレード」というスタイルでも、数時間はかかります。

 

株式投資や、不動産投資だと、更に結果時間がかかります。

 

月利が高い

資金の回転率に開運して、月利が高いというのも、ブックメーカー投資の魅力です。


株式投資などでは株価が2倍になる銘柄も存在しますが、株価が2倍になるまでにはたいてい何ケ月か、それ以上かかります。

 

時間を取られない

時差の関係で、ブックメーカー投資では、日本時間のPM8時~AM3時あたりがメインの時間帯となります。

 

世界中で平日、土日も試合がありますので、24時間365日、エントリー可能です。

 

それに対して、FXの場合は、平日であれば24時間世界のどこかでマーケットが開いてリアルタイムに注文できますが、値動きが気になってスマホでチェックするということは、往々にして有りがちです。

しかも、土日はマーケットが閉まっています。

 

株式投資ですと、メインとなる取引時間帯は日本でマーケットが開いている平日の9時~15時までとなります。

 

ブックメーカー投資の特徴の一つは、お昼は仕事があるから忙しいという方も今のライフスタイルを崩さずに取り組むことができるのも嬉しいポイントです。

 

即、現金化が可能

株式、FX、不動産、などは、売買が成立して、買いたい人に売れて現金化なります。

 


株式の場合は、売却注文が約定してから証券会社の口座に売却代金が入るまで、4営業日〔月曜日に約定したら木曜日〕かかります。

 

FXも同等です。

 

一方ブックメーカー投資では、賭けた試合において、自分の勝利が確定した直後にプックメーカーのサイト上の残高に反映されます。

 

ただし、急に現金が必要になった時にはすぐに現金化は出来ますが、出金するためには、数ステップ踏む必要はあります。

 

しかし、全てネット上で完結出来ますので、即、出金して現金化が可能です。

 

場所を選ばず一日何回でもできる

近年では、iPhoneやAndroidなどのスマホや、タブレットの普及により、いつでも、どこでも、世界中のどこからでもプックメーカーの賭けに、気軽に参加できるようになっています。

 
 
海外のブックメーカーとやりとりすることになるので、入出金などに多少の手間はかかるのですが、それもインターネット経由でスマホからのみならず、もちろん、パソコンからでも簡単にブックメーカー賭けができてしまいます。

 

ブックメーカー投資のメリットまとめ

  1. 専門知識が不要
  2. 初期投資費用が少額
  3. 損失が小さくできる
  4. 資金の回転率を高くできる
  5. 結果が出るまでの時間が早い
  6. 月利が高い(月利60%~1000%超)
  7. 時間を取られない
  8. 即、現金化が可能
  9. 場所を選ばず一日何回でもできる

 

 

デメリット

現在利用できる入出金方法が急に変更になることがある。

 

つまり、特に出金が問題になると思いますが、他の出金方法を見つけないと出金できないことがあり、出金まで時間がかかることもあります。

 

*例)「ウィリアムヒルではエントロペイによる入出金ができなった」件。

 

 

【ブックメーカー各社】
ウィリアムヒル スポーツベット